ギャラリー

絵画や工芸などさまざまなジャンルの企画展を開催しています。最大壁面40m、外光を取り入れることが可能な空間となっています。アーティストの方と協力しながらも催すアートの数々をお楽しみください。貸展空間としてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

<2024年>このページのイベントは既に終了したものです。

▲ ページトップへ

岩崎ミュージアム第497回企画展
年末年始大作戦

2023年12月20日(水)~2024年1月14日(日) ※最終日16:00終了

※年末年始休館


※【期間中特別入館料】一般500円 小人(中学生以下)200円。

春・夏・秋の大作戦を経験した人類。
今年、大作戦はあるのか?
やめられない止まらない、えびせんのように大作戦は続く。
そして今年は?
ポポポポーン、「年末年始大作戦」でーす!
所狭しの展示品の数々だけど100人集まっても大丈夫。
行かなきゃ、なにも、はじまらない。
行くぜ横浜。
そうだ岩崎ミュージアムに行こう。
年末年始大作戦、いい展示です。
(なべやかん)

なべやかん (特撮グッズ)
お笑い芸人にして世界に名高い特撮グッズコレクター。毎月恒例のお笑いライブ「嗚呼お笑い東洋・太平洋 秘宝館タイトルマッチ」は必見!
https://www.instagram.com/yakan_nabe/?hl=ja

チングルベル後藤 (ファッション)
今年で 23周年を迎えた横浜石川町 古着屋 チングルベル。昭和レトロ、アメリカ古着 ヨーロッパ古着をセレクトして、店主自ら買い付けている「キラキラと、ときめく」アイテムを展示します!! マリンFMのパーソナリティーを務めています。

革パン刑事(レコード、書籍、ポスター等) 職業 特殊DJ、昭和な映像収集家、フリー(ライ)ター。 実家いわき市の良好な電波環境に育まれ、キー局、地方局を問わず多地域の電波という電波を受信する。上京後、映画&音楽関係者と知り合う中、DJしたりトークショーに出たりと自称''最も恵まれた位置にいるミーハー”。レコード、書籍、ビデオテープ、CD、LD、DVD等々の大量のコレクションに囲まれ、またそのせいで選曲に絞れない和モノDJとしてものらりくらりな活動をしている。

エモリハルヒコ(宇宙人イラスト)
イラストレーター、自作の絵と話で構成した紙芝居を用いてのパフォーマンス、宇宙人のキャラクター制作、YouTubeチャンネル「レッツ剣道」さんに出演等、偏った感覚で活動中。

Top↑

岩崎ミュージアム第498回企画展
六島芳朗展 痕跡

2024年1月17日(水)~2月12日(月・祝) ※最終日16:00終了


床に広げたキャンバスの中で、身を屈め画面に触れる。線を引き、紙を貼りしわを寄せ、絵具を落とす。屈めた身体とキャンバスに残った跡を感じながら、また繰り返す。

プロフィール
六島芳朗 Rokushima Yoshiro
1979 神奈川県横浜市生まれ
2003 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2005 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了
<個展>
2022 ART SPACE 草・川崎
2020 岩崎ミュージアム・横浜
2020 アートスペース羅針盤・東京
2018 画廊るたん・東京 
2015 art gallery closet・東京
2012 art gallery closet・東京
<グループ展など>
2023 International art exhibition 2023 (横浜赤レンガ倉庫)
2019 北斗座舞踏公演『新しき年の始めの舞』背景として作品提供(中野テルプシコール・東京)
2018「神奈川県美術展」(神奈川県民ホールギャラリー06101214)
2017「第2回あしがり美術館」(あしがり郷「瀬戸屋敷」・神奈川)
2014「7-seven-」(ギャラリー向日葵・東京、0809101112)
2013「反復して連続して反復する」(人形町ビジョンズ・東京)
2011 舞台「鍋」背景画制作(北区pit・東京)
   「九歩展」(ギャラリーGK・東京、10)
2010「とよた美術展2010 入選作品展」 (豊田市美術館)
2006「日春展」(銀座松屋・東京)
2005「修了制作卒業制作優秀作品展」(武蔵野美術大学・東京)
「武蔵野美術大学大学院日本画修了作品展」(西荻WENZスタジオ・東京)
<受賞歴>
2006 「第42回神奈川県美術展」 はまぎん財団賞受賞

Top↑

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント