ギャラリー

絵画や工芸などさまざまなジャンルの企画展を開催しています。最大壁面40m、外光を取り入れることが可能な空間となっています。アーティストの方と協力しながらも催すアートの数々をお楽しみください。貸展空間としてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

今後のスケジュール
これまでの催し

岩崎ミュージアム第451回企画展
内田邦太郎パート・ド・ベール ガラス展

2021年3月4日(木)~28日(日) ※最終日 16:00終了

今年1月17日(日)には、父の出身地 新潟県上越市高田との関連も有り、地元の新聞「新潟日報」に半ページを割いて私と父の仕事が紹介されました。特に父の日本のクラフト運動の草分けとしての業績について。
私に関しては第二次世界大戦を期に途絶えて幻の技法と言われていた「パート・ド・ベール技法」の再現に成功したについて詳しく紹介されました。又昨年10月に今まで皇居の北側に有った東京国立近代美術館の工芸館が金沢の兼六園の隣に引越したのを契機に、私のパート・ド・ベール作品も3点納まる事に成りました。近作やロー原型等も展示致しますので、ご興味有りましたらぜひ御覧下さい。

内田邦太郎

パート・ド・ベールとは
 パート・ド・ベールとはフランス語で「ペースト状のガラス」という意味。
 細かく砕いたガラスの粉を鋳型に詰め焼成するため、自由な造形表現が可能で、色彩において
も濃淡や混色などを思いのままに調節が出来ることが大きな特徴です。
 アール・ヌーヴォー期に流行を迎えますが、第二次世界大戦を境に途絶え、戦後暫くはガラス
工芸の中でも最も難しい幻の技法とされてきました。
 ガラス作家・内田邦太郎はその幻の技法に挑戦し、40年余りの研究を重ね、見事によみがえら
せました。
 本展ではパート・ド・ベールの魅力である、複雑な造形とそれを彩る鮮明な色彩の美しいガラ
ス表現をご紹介します。

略歴
1942年
 京都に陶芸家 内田邦夫の長男として生まれる。
1967年
 東京藝術大学工芸科鋳金専攻卒業。
 大阪市立工業試験所ガラス研究室入所(色ガラスの調合研究)。
1968年
 三友硝子工芸へ住込みで5年間吹きガラスの技術を修業、ピンブロー法を考案。
1976年
 幻の技法「パート・ド・ベール」を戦後初めて再現し現在まで42年間続けている。
1978年
 東京クラフトデザイン研究所にガラス科創設。
 三晃硝子工業のデザイン、技術顧問を20年間し内田クラフトの量産品を発表。
1987年
 ニューヨーク、ヘラギャラリーにて招待出品作をローザンヌ美術館が買上展示。
1992年
 「幻想の色と形 内田邦太郎パート・ド・ベール作品集」青弓社より出版される。
1989年~2021年
 ほぼ毎年、岩崎ミュージアムにて個展又は二人展開催。

Top↑

岩崎ミュージアム第452回企画展
板に彫る、板に描く 磯見輝夫・美知子 2人展

2021年331()425() ※最終日 16:00終了

早いもので1999年に岩崎ミュージアムで個展を開かせて頂いてから22年の歳月が経ちました。その間、油彩画、水彩画、コラージュ等の制作を続けて参りました。

 今回もスージ・アンティック&ギャラリー鈴江さまの企画により、2人展を開催することができました。

 夫、磯見輝夫は1973年より本格的に木版画の制作を開始し、ずっと杉板を版木として用い、和紙に刷るという作品を作り続けております。
 私は数年前から使われなくなった版木を絵画の制作に転用し、油彩画の作品とするココロミを始める一方、和紙に水彩を施すという作業を重ねております。
 今回、木版画とその版木、版木による油彩画、和紙による水彩画を同時に展示致します。ご高覧いただければ幸いです。

磯見輝夫
1941年、鎌倉市に生まれる。第47回日本版画協会展(東京都美術館)協会賞受賞。山口源大賞受賞。2013年、”Impact 8 Conference” Keynote Speech and Exhibition (Visual Research Centre / 英国・ダンディ)。2016年、色彩とモノクローム 嶋田しづ・磯見輝夫展(横須賀美術館)、個展ほか多数。文化庁他国内外にパブリックコレクション。

磯見美知子
横浜市に生まれる。桜ヶ丘高校、愛知県立藝術大学油画科卒業、神奈川県立総合療育センター、絵画講師。個展(みゆき画廊、スージ・アンティック&ギャラリー、岩崎ミュージアム、21+葉、Gallery Amano ほか)児童書、絵本、詩画集(私家版)など。

Top↑

岩崎ミュージアム第453回企画展
The Exhibition of KATAN ISHIKAWA

2021年4月27日(火)〜5月9日(日) ※6日(木)、7日(金)休館


人間この歳まで生きていると、思いがけないことがよくもまあ起こるものだと思います。
そして思うのは、人としての理性とは、困難に直面した時に試されるのではないかということです。
物事が順調に進んでいるときは誰でもきれいごとを言えますが、ちょっとでもストレスがかかるとすぐ理性を放棄してしまう人々が多いと思わせる出来事が最近多いようにおもいます。
人の命の大切さをもっと理解すべきではないでしょうか。
未来を犠牲にしてでも、目先の経済的利益ばかり追求しているのではないでしょうか。
福島の原発事故の後、テレビニュースのインタビューに答えていた若い女性が、雨に当たったら頭が禿げるって本当ですか、携帯に充電できなくなったらどうしようなどと言っているのを見て愕然としてしまった記憶が最近また思い出されます。
多数の利益ためには、少数が犠牲になっても良いと考えるのは間違った考えだと思っております。
昨年より、新型コロナウィルス流行のため展覧会の開催が困難な状況が続いています。
作 家として展覧会を開催出来ないということは、断腸のおもいでございますが、エネルギー蓄積の時間と前向きに考えるようにして過ごしておりました。
このたびの岩崎ミュージアムにおけます展覧会におきましては、新たな気持ちで蓄えた力を注ぎ込んだ作品を発表する所存でございます。
皆さまご多忙中とは存じますが、ご来駕、ご高覧いただき少しでも明るい気持ちになっていただければ幸いと存じあげます。

石川珂旦

Top↑

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント