ギャラリー

絵画や工芸などさまざまなジャンルの企画展を開催しています。最大壁面40m、外光を取り入れることが可能な空間となっています。アーティストの方と協力しながらも催すアートの数々をお楽しみください。貸展空間としてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

今後のスケジュール
これまでの催し

岩崎ミュージアム第464回企画展
<生誕90周年>柳原良平・絵本原画展

【1期】2021年11月23日(火・祝)〜12月2日(木)
【2期】2021年12月8日(水)〜12月12日(日)

※一部配布物に月曜無休とありましたが、月曜休の誤りです。

 柳原良平さんは船を描く画家として有名ですが、グラフィックデザイナー、イラストレーター、装丁家、絵本作家、アニメーター、文筆家などどれもが一流で、多彩な才能を展開して来ました。
 特に国民的キャラクター「アンクルトリス」の生みの親でもあります。
 2021年は生誕90年になります。そこで半世紀に亘って活躍された柳原良平さんの仕事の中から油彩画、切り絵、水彩画と絵本の原画を岩崎ミュージアムと画廊AKIRA-ISAOの2会場で展示いたします。特に岩崎ミュージアムに展示される絵本の原画(切り絵)は貴重な作品ばかりです。この機会にお楽しみください。

柳原良平・略歴
1931年生まれる。1954年京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒業後、
寿屋(現・サントリー)に入社。キャラクター「アンクルトリス」を生み出し広告、出版の世界で活躍。電通賞、毎日産業デザイン賞など受賞多数。船好きとしても大変に有名で内外の船や港をテーマにした展覧会も多数開催。2015年8月17日84歳で逝去。
2018年3月27日横浜市の「横浜みなと博物館」の中に「柳原良平アートミュージアム」が開館されました。

同時開催
「柳原良平の仕事展」
2021年11月30日(火)〜12月12日(日) 11時〜18時 ※会期中無休
会場:画廊AKIRA-ISAO  http://www.art-copylight.jp/gallery.html
交通アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」<③情文センター口>より徒歩7分

Top↑

第41回 アトンメントセンター こどもたちのてんらんかい

2021年12月1日(水)〜12月5日(日)

 山手通りに、クリスマスの訪れを感じる12月に、今年も41回目のさくひんてんを開催できることを、とてもうれしく思います。コロナが収まらず、多くの制約を受けながらも、今年は4名の男子が油絵デビューし、6年生はスケールの大きな油絵にチャレンジしました。
 低学年組も、いろいろな作品造りをすることができました。暑い中、マスクをはずす事なく、制作にはげんで来た生徒達にエールを送って頂けたらと思います。
 会場でのワークショップもお楽しみに。すてきな作品を創って下さい。

Top↑

岩崎ミュージアム第465回企画展
三塩佳晴展

2021年12月15日(水)〜2022年1月10日(月・祝)

※年末年始休館日:12月25日(土)〜2022年1月4日(火)

「尖塔の幻影」380×200 銅板(メゾチント) / 2021制作

 今回の展示は、版画家としての今までの仕事を俯瞰する展示にしたい。
 美大を目指した時からすでに版画を選択することは決めていた。その道筋を今想い起こせば無意識のうちに版表現に内包する絵画表現を色々と試みていたからだろう。特に銅版画等に必要とする複雑な技術を知る前に、絵画としての線表現に魅力を感じていたことが要因だったと思う。大学3年次で待望の版画を専攻し、エングレーヴィング一筋にのめり込み修得することでビュランによる版表現の幅を広げて来た。版画を継続していく中で逆説的に美術表現の多様性を感じ、ドローイングや立体等(オブジェ,木彫)を取り込みながら、精神に内在する表現衝動を信じることで生まれる「創造する喜び」を今は強く感じている。今回の個展で今までの作品を改めて凝視する時機が来たようだ。

三塩佳晴 Mishio Yoshiharu
1956年 佐賀県佐賀市生まれ
1980年 東京造形大学造形学部絵画科版画専攻卒業
1982年 東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻修士課程修了・同修了制作展買上賞
1985年 第16回版画グランプリ展賞候補一席
1991年 ソウル国際版画ビエンナーレ(韓国)招待
1997年 創立110周年記念東京藝術大学所蔵名品展
   「卒業作品に見る近現代の美術」(東京/京都)
1998年 文化庁芸術家在外研修員として1年間
    ウィーン国立芸術大学にて研修(オーストリア)
2000年 第63回イギリス木口木版画協会展 海外部門最優秀賞(イギリス)
2002年 第5回高知国際版画ビエンナーレ展 土佐和紙賞受賞(高知)
2006年-2021年【主な個展】
シロタ画廊(東京 銀座)、歩歩琳堂ギャラリー(神戸)、ワイアートギャラリー(大阪) 、Gallery Zaroff(東京 初台)、画廊憩ひ企画(佐賀)

Top↑

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント