ゲーテ座ホール

日本最初の西洋式劇場を記念して造られたホールで、山手の丘に建つ当館のサロン的な雰囲気を大切にしています。月に1回クラシックを中心にサロンコンサートを開催しております。音楽会や講演会などの催しものに貸ホールとしてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

今後のスケジュール
これまでの催し

ご来場時のお願い

・施設利用時はマスクのご着用を推奨しております。
・座席数は定員の制限があります。1度着席された座席からの移動はご遠慮ください。
・発熱・咳などの症状がある場合は、ご来場をお控えくださいますようお願い致します。
・入場時は体温チェックをさせていただきます。37.5℃以上の方につきましては入場をご遠慮いただく場合がございます。
・プログラムや配布物は座席上にて、予め設置させていただきます。
・チケットはご自身で切り分け、所定のボックスにお入れください。
・出演者への花束・プレゼント等はご遠慮ください。

これからのスケジュール

ゲーテ座サロンコンサート Vol.401
安房ールドファンタジーVol.27
あの頃のあなたに贈る、朗読と音楽の優しい時間<QRまだ>
ハンカチの上の花畑

2024年6月29日(土)  14:00開演(13:30開場)

<安房直子のお話を広めたい女優>秋元紀子のライフワーク。
1973年に刊行された初期の長編「ハンカチの上の花畑」を朗読します。

秋元紀子(俳優、朗読家、演技・朗読講師)
日本大学芸術学部演劇学科卒。文学座21期生。
和洋女子大学・東京アナウンス学院講師、高等学校文化連盟朗読コンクール特別審査員。秋元紀子朗読教室主催(東京・宇都宮・名古屋)。1998年より、安房直子作品のひとり語り「安房(アワ)ールドファンタジー」、2017年より、秋元紀子ひとり語り「角田光代の世界」を南青山マンダラにて公演開始。2019年『プレジデントウーマン』のムック「美しい日本語入門」に記事掲載。2021年NHKラジオ「朗読」に出演。(太宰治「走れメロス」「ヴィヨンの妻」)。
秋元紀子オフィシャルサイト

odorata(オドラータ)
卓上木琴(小山理恵)とピアノ(高屋敷庄一)によるインスト・デュオ。2オクターブ半の小さな木琴を主役に、木琴の音色を活かしたオリジナル作品を中心にクラシック、ジャズ、民族音楽等、幅広いジャンルのカバー曲をレパートリーにしている。その中でも特に、中山晋平の作品や日本のわらべ歌に着目し、独自の解釈で編曲・演奏する。
2014年1st CDアルバム「character pieces」(性格的小品集)、
2018年2ndCDアルバム「character pieces2」(性格的小品集2)を発売。

作・安房直子(あわなおこ)
1943年東京都出身。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事。
1970年、「さんしょっ子」で日本児童文学者協会新人賞を受賞後、美しい文体で独自のファンタジーの世界を描き続けた。1973年「風と木の歌」小学館文学賞受賞。1981年「遠い野ばらの村」野間児童文学賞受賞。1985年「山の童話・風のローラースケート」新美南吉児童文学賞受賞。『<小夜の物語>花豆の煮えるまで』で、ひろすけ童話集および赤い鳥文学賞特別賞を受賞。1993年2月25日、肺炎のため永眠。享年50歳。「きつねの窓」「青い花」「秋の風鈴」「木の葉の魚」「すずめのおくりもの」他7作品が教科書に掲載されている。

【会場】(40席限定・全席自由・要予約・アーカイブ配信付)

料金:3,000円(一般)/2,500円(学生)※ご入場の際に学生証をご提示下さい

【ライブ配信】(会場にはご入場いただけません

料金:1,800円<アーカイブ有>

■決済方法:
(A)PassMarket【※Yahoo Japan ID 必須・paypay残高、クレジットカード決済、コンビニ決済※要手数料】
PassMarketイベントページ「ハンカチの上の花畑」
 
B)振込【ゆうちょ銀行】
※事前にメールでお申込ください。iwasaki.museum@gmail.com
ご返信メールにてゆうちょ銀行へのお振込み口座をご案内致します。

  • 開場時間(開演の30分前)までにメールでURLをお知らせいたします。
  • 配信にはYoutubeライブを使用予定です。
  • 個人的な受信、視聴環境に関する質問にはお答え致しかねます。

主催:岩崎ミュージアム
協力:グッドフェイス

会場、配信ともに、チケットの購入はPassMarketにて(クレジットカード決済、PayPay残高、コンビニ決済※要手数料)

ご予約・お問い合わせ:岩崎ミュージアム 
TEL.045-623-2111 (月曜休・10時~17時)


Top↑

松峰綾音 月の庭
シャンソンと朗読のひととき Vol.12『そして風に訊いた』

2024年6月30日(日) 14:00開演(13:30開場)


訳詞・歌・朗読 松峰綾音  ピアノ 坂下文野

「風のように軽やかに」と人は願います
「一陣の風が吹き抜けたその瞬間」と人は言います
風を見て、風を聴いて、風に吹かれて、人は出会いと別れを繰り返してゆくのでしょう
・・・・風に訊け・・・

今回のコンサートテーマは「風」です。
様々な風に吹かれ、風が織りなす物語の世界に、つかの間心遊ばせて頂けたらと思います。
宮沢賢治の童話『よだかの星』他の朗読を中心に、これに繋がるシャンソンの数々を自作の日本語詞でお届けします。

*『よだかの星』 宮澤賢治 作 朗読
*『落葉松』   北原白秋 作 朗読
* 風のうわさ   カーラ・ブルーニ
* キャラヴァーン ラファエル・アロシュ
* 風歌い     シャルル・トレネ     他

【チケット料金】4,000円(要予約・全自由席)
【ご予約・お問い合わせ】TEL 090-8033-2914 (AA事務局)
松峰綾音 公式WEBサイト https://ayane-chanter.com
(松峰綾音 公式WEBサイト 【コンタクト】から)

松峰 綾音(まつみね あやね)
2005年からシャンソンを中心とするフランス音楽の訳詞・作詞に携わる。同時に自作の訳詞で歌うシャンソンと日本近代文学作品の朗読読とを融合させたコンサート『月の庭』を東京と京都で継続して開催。その他、言葉と音楽とを追及する場を求め、講演・対談・FM放送への出演等、多面的な活動を展開。著書『紋次郎物語』【2020年】、『「詞歌抄」クロと読むchanson』【2021年】 。日本訳詞家協会正会員。
https://ayane-chanter.com/

坂下 文野(さかした ふみの
シャンソン、ラテン、ジャズ、クラシックと幅広く演奏するマルチピアニストとして全国各地で活動。松峰綾音『月の庭』シリーズに初回から参加。

■後援 前田珈琲/Amical AYANE


Top↑

THE ROMANCES OF FLUTE & HARP

2024年8月17日(土)  14:00開演(13:30開場)

日本&香港
香港から新進気鋭の若手アーティスト2人を招聘し、横浜出身のフルート奏者との饗宴
横浜山手の丘に建つ日本最初の西洋式劇場を記念して造られたゲーテ座で初の日本公演を行う

ナタリー・ロウ(Harp)
 16才で香港舞台芸術学院に音楽学士課程(優等生)として入学し、アン・ホワン氏に師事。同学院の奨学生として、2024年卒業予定。香港国内外で演奏活動を行う。2019年イタリアのScuola Italiana D'Archiフェスティバルリサイタルに出演。2022年USA国際ハープコンクールに Stars of Tomorrowに演奏者として招待される。イギリスのカーディフ開催の第14回ワールドハープコングレスFocus on Youth concert参加。2023年コンチェルトコンクール受賞演奏者として香港芸術学院アカデミーオーケストラとグリエールのハープ協奏曲で共演。
 2013年Concors Français de la Harpe第1位、第18回大阪国際音楽コンクール第3位、第5回香港国際ハープコンクール(F組)第1位、第28回世界音楽コンクールで国民賞を受賞。2022年韓国国際ハープコンクールユース部門第5位、第8回香港ハープコンクールプロ部門およびプロデュエット部門 銅賞。ほか多数の国際ハープコンクールで受賞。
オーケストラハーピストとしては、香港シンフォニエッタのフリーランスのハープ奏者として活動し、香港フェスティバル・ウィンド・オーケストラとも共演した。近年フルート奏者のマルク・グローウェルズ氏とデュオリサイタルで共演し好評を博した。

アーロン・レオン(Harp)
 アーロン・レオンは香港で最も優れたフルーティストの一人であり、情熱的な演奏、生き生きとした音色、天性のコミュニケーションセンスで知られている。香港のフルーティストとしては数少ないヨーロッパのプロオーケストラへ常にソリストとして出演している一人である。香港舞台芸術学院にてエミリー・リン、イザスクン・エルドシア・ウランガ両氏に師事、学士号を優秀な成績を修め取得。その後、ベルギー王立モンス音楽院にてマルク・グローウェルズ氏に師事、修士号を取得。
ソリストとして、これまでにスリヴェン交響楽団、ワーテルロー室内管弦楽団、モンス・ヴィルトゥオーゾ室内管弦楽団、香港芸術学院アカデミーオーケストラなどのオーケストラと共演。マーラー室内管弦楽団、ムジーク・ヌーヴェルズ、ヴィルトゥオージ・ディ・ワーテルローなどの一流アンサンブルとも共演した。
 現在、香港フルートクラブのアートディレクターを務め、香港有数のウィンドアンサンブル、クラシスを設立。香港教育大学で教鞭をとる。
 2024年には初めてのCDアルバム「Aaron Leung plays Schumann &Franck」をトニー・チャン氏のピアノ伴奏でリリース。
使用楽器:ミヤザワフルート Cresta 9K Gold Flute

村井 睛(Flute)
 神奈川横浜市出身。東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻卒業後、ハンブルク音楽院を卒業。その後ベルギーに拠点を移し、アントワープ王立音楽院ポストグラジュエート課程器楽コンサートソロイストを優秀な成績を修め修了。イタリア王立レージョ歌劇場オーケストラアカデミーObiettivo Orchestra 2021/2022,修了。3年間の留学を終え、2022年完全帰国。東京音楽大学卒業時に推薦を受け、第46回フルートデビューリサイタルに出演。
 第90回横浜新人演奏会に出演、同時に横浜音楽協会賞を受賞。第32回かながわ音楽コンクール一般の部 特選。第19回「万里の長城杯」国際音楽コンクール 大学生管楽器部門 第2位(最高位)。2022年オランダ国際フルートコンクール セミファイナリスト。これまでにフルートをAldo Baerten、Marc Grauwels、Waldo Ceunen、相澤政宏、山田恵美子、神田寛明、堀章子の各氏、ピッコロを Anke Lauwers氏に師事。ドイツ、タイをはじめ、国内外多数のマスタークラス・プライベートレッスンを修了、受講。
2024年3月ティートックレコーズよりリリースされた自身初のソロアルバムLullabyでメジャーデビュー。現在、フリーランス奏者としてオーケストラの客演、レコーディング、ソロ・室内楽演奏等を行い、後進の指導にもあたる。
Official website:https://www.seimurai-flute.com
使用楽器:パールフルートハンドメイドマエスタ14K

◆program◆

  1. J.Ibert:2つの間奏曲
  2. H.Berlioz:三重奏曲 Op.25 「キリストの幼時」より
  3. N.Rota:フルートとハープのためのソナタ
  4. G.Faure:夢のあとに
    ほか

料金】:2,000円(全席自由)

【チケットのお申込/お問合せ】
下記の【QRコード】またはEmailにてお申込ください


E-mail:gls1.fl925pw@gmail.com

Top↑

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント