ギャラリー

絵画や工芸などさまざまなジャンルの企画展を開催しています。最大壁面40m、外光を取り入れることが可能な空間となっています。アーティストの方と協力しながらも催すアートの数々をお楽しみください。貸展空間としてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

今後のスケジュール
これまでの催し

スケジュール

岩崎ミュージアム第401回企画展
高野萌美展
Landscapes of an Imploding Self 内爆する風景」
2017年523()528()


 5月末に展示の機会をいただきました。4月から新しい環境で動き、ある人にとっては心身共に変化を感じる時期かもしれません。そのような時に横浜山手の丘へやって来て、アートを見ることはどのような経験となりうるのか、考えてみました。
 外が気持ちの良い季節だから、屋内では必ずしもその模倣、つまりきれいで心地の良いものを見る必要はない。少し照明を落とした閉鎖空間で、様々な要素が複雑に構成された抽象絵画を前に何か不思議に思ったり、戸惑ったり、でもそのような「感じ」をめいっぱい肯定できるような空間づくりをしたいと思っています。
 私は現在、木版によるプリントをベースにした絵画作品を作っています。それらは布でできているため刺繍を施したり、しわをつけたり、色々なことができます。画材も絵具だけではなくクレヨンや木炭やマーカーも使うし、マスキングテープやガムテープでも紙袋の切れ端でも、そのときに良いと思ったものは何でも使います。作り続けることでそこに一貫性やスタイルは見えてくると思います。しかし、たくさんある選択肢の中から、たまたまこの時この画材を選んで、布のこの位置にマークをつける(=描く)ことは、偶然的であり、恣意性の極みです。「たまたまそこに置いてあったから」という理由で同じ版木を複数の作品で使うこともあります。
 画面上のすべての要素に厳密に説明できる意味はありません。だから作品を何か解くべき問題として難しく考えたり、無理にメッセージを読み取ろうとしたりせず(もちろんそれでも良いのですが)、自分の思考や会話のきっかけとして、この展示を見たという経験を使っていただけると嬉しいです。

高野朋美


高野萌美(Moemi Takano)
1993年 横浜生まれ
2015年 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジファインアートコース卒業。現在は横浜を拠点に活動。
2017年3月 スプリングバレーブルワリー横浜にて個展開催
2017年5月 台湾の科元ギャラリーにてYouth Peak-Art New Star展へ参加。

Top↑

ギャラリー
M会展
2017年530()午後より〜64()


2M会も今年で18回目を迎えることが出来ました。
昨年は長野の海野宿・大町。白馬と3カ所をスケッチ旅行に出かけました。
力作が揃いました。是非ご高覧下さいますようにご案内申し上げます。

2M会代表 武田 茂

Top↑

岩崎ミュージアム第402回企画展
無意識の旅をガイドするタロットカード&絵でわかるサビアンシンボル展
2017年67()618()


タロットカードは、長い歴史の中で、多くの人間によって作られ続けてきたヨーロッパのカードです。
この展示では作家オリジナルのタロット作品を展示いたします。作家の作成したカードを使って、あなたもタロットに親しんでみませんか?どなたでも楽しく読めるワークショップを予定しております。
またタロットの世界を小さなジオラマ(半立体)に詰め込んだ額装作品や、また遊び心いっぱいのモビールも展示予定です。
サビアンシンボルは西洋占星術の技法で、1925年、占星家のマーク・エドモンド・ジョーンズが作成した360個の詩文です。その詩文をイメージ化した消しゴム版画を展示いたします。
タロットとサビアンシンボルの深い世界に触発された作家の3人の展示です。会期中はタロット占いも予定しております。アートと占いを一緒にお楽しみいただける展示&体験イベントです。皆様のご来場、お待ちしております。



高橋きよみ作:KIYOMI TAROTより

星瑚(せいこ)
東京都出身。多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。タロット占い師兼グラフィックデザイナーとして活動中。

高橋きよみ(たかはしきよみ)
神奈川県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。グラフィックデザイナーを経て、現在は、絵、美容、占いのジャンルで活動しています。

企画:吉田結妃(よしだゆき)
神奈川県出身。武蔵野美術短期大学グラフィックデザイン卒。2008年より占い&アートで活動中。

Top↑

岩崎ミュージアム第403回企画展
スージ・アンティック&ギャラリー2017
2017年621()72()


 ライフスタイルに彩りを添える西洋アンティークの魅力を紹介して約30年が過ぎました。

 開港の地である横浜には、この150年余のタイムスパンにたくさんの西洋食器や家具・調度品が入ってきました。そんな往事の趣を残す山手にて、30年の歴史を一堂に会する展示会を開催いたします。

 今まで扱ったジュエリー、食器、銀器やカトラリー、タイル、生活雑貨まで。

 これからも使って楽しむこと、その味わいや喜びを大切に取り入れて、いつまでも使い続けて欲しいと思うばかりです。

鈴江静枝
Top↑

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント