これからのスケジュール

ゲーテ座ホール

日本最初の西洋式劇場を記念して造られたホールで、山手の丘に建つ当館のサロン的な雰囲気を大切にしています。月に1回クラシックを中心にサロンコンサートを開催しております。音楽会や講演会などの催しものに貸ホールとしてもご利用いただけます。 (貸スペースのご案内はこちら)

これからのスケジュール
これまでの催し

 7月2日(土)、3日(日)タケカワユキヒデ 僕のソングブック

カヴァーズpart13 &走り去るロマン
デビュー41周年記念公演第2弾

 7月2日(土)17時開演(16時半開場)・3日(日)14時開演(13時半開場)

 
今年デビュー41周年を迎え、今もなお精力的にライブ活動を行っているタケカワユキヒデ。
邦楽・洋楽をカヴァーし、自らのアルバムを全曲歌いきることで好評を博しているライブ、“僕のソングブックシリーズ”の第13弾を、3月の前回公演に引き続きゲーテ座で開催する運びとなりました。今回はまさに41年前のデビューアルバム「走り去るロマン」を全曲歌います。
なお、次回は9月19日に『僕のソングブック~カヴァーズpart14』を予定しています。
 
プロフィール
1952年、埼玉県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。75年、大学在学中にソロアーティストとしてデビュー。翌76年にゴダイゴ結成。ボーカルと作曲を担当し、「ガンダーラ」「モンキーマジック」「銀河鉄道999」「ビューティフルネーム」などの大ヒットを生む。作曲、コンサート、音楽プロデュースといった音楽活動の他、小説・エッセーなどの執筆活動、テレビ・ラジオ番組への出演や講演など幅広く活躍中。1男5女の良き父親としても知られており、99年にはベストファザー賞を受賞。06年にはゴダイゴ結成30周年を機に再結成し、活動を再開している。

料金
各回とも 前売6500円、当日7000円 (全席指定)
 
公式HP
http://www.mediatv.ne.jp/musicpro/takekawa/
公式Blog「Take's Diary」
http://www.takekawasan.com/
 
主催:アメニティ
ご予約・お問合せ:アメニティ[03-3334-7442(平日13時〜18時)]

 7月21日(木)コソダテアートプロジェクト in 山手ゲーテ座
子そだては爆発だぁ2016

「のら犬バロンとわたし」

10:30開演(10:15開場)

 子育てはアートである!!をテーマにした親子で楽しむワークショップです。
毎回様々な面白アーティストが、新しい視点で子どもたちを見つめ、観察し、子どもの中にある表現、生きているエネルギーの素晴らしさを、音楽やパフォーマンスを通じて発見します。
 
ある時、公園に住んでいるおばさんの所に、のら犬が一匹やってきました。だけど、この犬ちょっと変わってる?
 
◆プロフィール
バロン(ヴォードビリアン)
芸術と宴会を愛する家族の中で育てられる。学生時代に岐阜の高山からオーストラリアのメルボルンへ。大道芸や劇場のコメディーに感動。2000年上京後、様々なアーティストに出会い、もまれ、現在のヴォードヴィルのスタイルになる。
ウクレレ弾き語り、タップダンス、コメディー、ジャグリング、湯たんぽ楽器、何でも飛び出すおもちゃ箱のようなステージを展開中。
高円寺発、浅草、ニューオリンズ経由中野ブロードウェイ行き。音楽とコメディーで世の中よくします。顔は□い。
ヴォードヴィル アゲイン!
http://www.aroundtheworldorchestra.com
 
中ムラサトコ(ボイスパフォーマー、太鼓、足踏みオルガン)
標高1000メートルあたりに実家がある。マイナス20度の雪の風景と、昔々カザフスタンあたりの奥地からやってきたような音色が歌声にあると言われる。ノルウェー公演をはじめ、コンテンポラリーダンスや演劇とのコラボ、ドキュメンタリー映画音楽製作、映画出演、ナレーションなど様々な分野で活動中。乳幼児の為のアートワークショップ「オトのサンポ」の講師としても活躍している。様々な人と関わりながら、日本津々浦々歌い続けている。2012年より松山市三津在住。4人の子持ち。料理と酒と本が好き。「でたらめで誠実で楽しげ」が人生のテーマ。
http://www.nakamurasatoko.com/

7月24日(日) 山手ゲーテ座サロンコンサートVol.314

Summer Classic Hour
古我久良々・守屋有紀・佐藤宏樹

15時開演(14時半開場)

 
古我久良々<こがくらら>(ピアノ)
4歳よりピアノを始め、05年より07年までヤマハマスタークラスに在籍。現在、上野学園大学音楽学科演奏家コースに在学。これまでに、窪田直美、霜浦陽子、今野尚美、江口文子、大西真由子、宮本玲奈の各氏に師事。現在、横山幸雄、田部京子、川田健太郎の各氏に師事。07年「第8回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」アジア大会小学3・4年生部門銅賞、09年「岐阜国際ピアノコンクール」ピアノ部門小学生の部第1位、および岐阜市長賞、10年「第11回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」アジア大会コンチェルトB部門銅賞、「第12回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール(ドイツ)」Aカテゴリー奨励賞、「第4回横浜国際音楽コンクール」ピアノ部門中学生の部第1位、「第11回大阪国際音楽コンクール」ピアノ部門Age-Jカテゴリー第1位を受賞。また、11年2月各務原市より各務原市民特別奨励賞を受賞。


守屋有紀<もりやゆき>(ファゴット)
桐朋学園大学音楽学部にてファゴットを岡本正之氏(都響首席)に師事し、2013年首席で卒業。同大学卒業演奏会、第83回読売新人演奏会に出演。同年渡独し、ミュンヘン音楽・演劇大学修士課程にてエバーハルト・マーシャル氏(バイエルン放送響首席)に師事。
第39回エムスビューレン音楽祭(ドイツ)にて奨学金を得て、第40回同音楽祭に招聘され、エムスランド交響楽団とウェーバーのファゴット協奏曲を共演。地元紙オスナブリュッカー新聞に取り上げられ絶賛される。
2015年最優秀の成績で卒業し、帰国。オーケストラの客演や室内楽を中心に活動し、バロックファゴットの演奏などにも精力的に取り組んでいる。現在、桐朋学園大学嘱託演奏員。」


佐藤宏樹<さとうこうき>(ピアノ)
1990年東京生まれ。7歳よりピアノを始める。
2004年、第58回全日本学生音楽コンクール中学校の部第一位を受賞。桐朋学園音楽部門より特待生奨学金を受ける。
これまでに仙台フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。またカーネギーホール・サントリーホール共催のレオン・フライシャー氏によるワークショップを受講後、サントリーホールにて桐朋学園オーケストラと共演する。2014年には、シュウォブ音楽学校内コンクールで選抜され、CSU Philharmonicと演奏した。第32回霧島国際音楽祭にてダン・タイ・ソン氏のマスタークラスを受講する他、スカラシップを受け、The 14th Oxford Philomusica Piano Festival and Summer Academy、The 16th International Keyboard Institute and Festivalに参加。
現在、ピアノをアレクサンダー・コブリン氏に師事。これまでにピアノを林秀光氏、玉置善巳氏の各氏に、作曲を石島正博氏に師事する。桐朋学園大学ソリストディプロマコースを経て、現在、全額奨学生としてコロンバス州立大学シュウォブ音楽学校に在学中。

●曲目:スカルラッティ/ソナタK27とK141、ショパン/ピアノソナタ3番全楽章、バッハ/無伴奏パルティータ BWV1013、サンサーンス/ファゴットとピアノのためのソナタ ト長調 Op.168、R.シューマン/3 Romanzen <3つのロマンス>Op.94

※プログラムは予告なく変更される場合があります。

●料金:【一般】2500円(予約・前売)、2800円(当日)【学生】2000円(前売)  〈全席自由〉
●ご予約・お問い合わせ
岩崎ミュージアム
TEL.045-623-2111

7月30日(土)、31日(日)劇団河童座 第226回公演 

夏の家庭劇場「星の王子さま」

7月30日(土)①14:00開演 ②18:00開演  7月31日(日) ①10:30開演 14:00開演

 
星の王子様を、ご存知ですか?しゃれたタイトルは、誰でも知っているほど有名な話です。「本当に大切なものは、目に見えないものなんだよね」もよく知られた言葉です。
でも、ちゃんとしたストーリーは、あまり知られてはいません。実は、ちょっと難しいお話なのです。
そこで劇団河童座は、「星の王子様」を、メルヘンの世界へ・・・をテーマに、子供にもおとなにも大人にもわかる、楽しい作品にしました。明るくて、可愛くて、ちょっぴりおセンチな素敵な王子様に是非会いに来てください。
 
劇団河童座プロフィール
昭和26年、横須賀の高校生演劇部OBを中心に創立。生粋の横須賀っ子劇団。名前の由来は、自由と創造。
主宰横田和弘以下10代から80代までの幅広いメンバーが在籍。歴史があって、平均年齢が若い集団です。年がら年中芝居漬け、多分神奈川県では、一番忙しい劇団かも。
公演回数の多さは、もしかしたら日本一かもしれません。
現在横須賀・横浜を中心に神奈川県中で活動。
次はどんな芝居を見せてくれるか・・・と期待される劇団に!が合言葉。オリジナル中心に現代劇・古典・児童劇など、創る側も観る側も解る芝居、をモットーに。
年3回の自主公演の他、学校・各種施設などの移動公演や、多くのイベントにも参加。
 
●料金 一般2000円(前売)2500円(当日)、高校生以下1000円(前売)1500円(当日)
●問い合わせ先
           電話 046-823-7443(劇団事務所)
           FAX 046-823-7443
           Email   gekidankappaza@yahoo.co.jp
           URL:    http://www.geocities.co.jp/gekidankappaza
●主催 劇団河童座
●協力 山手ゲーテ座

 8月18日(木)子そだては爆発だぁ2016

「まぼろし水族館」

10:30開演(10:15開場)

 子育てはアートである!!をテーマにした親子で楽しむワークショップです。
毎回様々な面白アーティストが、新しい視点で子どもたちを見つめ、観察し、子どもの中にある表現、生きているエネルギーの素晴らしさを、音楽やパフォーマンスを通じて発見します。

海の中には何がある?色々な素材を使って、見た事も無い水の中の生き物を作ります。光による水族館、どんな魚に出会うかな?
 
ドゥイ(アート・ユニット)
小野亜斗子、轟岳によるユニット。
2006年12月より横浜・石川町の老舗クリーニング店を改装した「ドゥイの実験室」にて「ドゥイのこども造形教室」をスタート。参加者が個々の閃きを楽しむ「クリエイティブな遊び」を日々研究。様々な空間で行う造形ワークショップや、作って食べられるワークショップなどをとおして、創作行為をより身近でより深いコミュニケーションの手段とすべく活動中。
http://duilab.com
 
料金:1500円(保護者1名+幼児2名まで)・要予約
ご予約・お問い合わせ
岩崎ミュージアム
TEL.045-623-2111
※ご予約は次回分のみとなります。

8月20日(日) 山手ゲーテ座サロンコンサートVol.315

弦楽三重奏コンサート
能澤摩耶岡部恵理鈴木絵由子

14時開演(13時半開場)


【出演】
能澤 摩耶(のうざわまや)ヴァイオリン&ヴィオラ
東京音楽大学卒業、同大学院修了。在学中に大学より特待生奨学金を授与される。全日本学生音楽コンクール小・中・高校生の部入選。第23・24・25回霧島国際音楽祭にて特別奨励賞を受賞。蓼科高原音楽祭、イーストマン音楽学校夏季セミナーin浜松、霧島国際音楽祭にて受講生演奏会に選抜される。サントリーホールデビューコンサート、上野の森美術館初のギャラリーコンサートに出演。在学中より国内外の主要オーケストラに多く客演するほか、TVドラマにて俳優の演奏指導や(TBS系2005年放送「花より男子」など)J-POPアーティスト(AKB48、西野カナ、矢沢永吉など)のサポートにも参加。近年は「アンサンブルQ」メンバーとしてコンサートの企画・演出を行い好評を得ている。これまでに石井志都子、景山誠治、浦川宜也各氏に師事。また、横山俊朗、山洞智、ルジェロ・リッチ、レジス・パスキエ、ワディム・グルーズマン、ライナー・キュッヒル、ゲルハルト・ボッセ各氏の指導を受ける。
 
岡部恵理(おかべえり)チェロ                                       
中学よりチェロをはじめる。山形大学医学部看護学科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科弦楽器専攻を卒業。これまでに土肥敬、毛利伯郎、小川和久、江口心一、各氏に師事。室内楽を、梅津南美子、三輪郁、毛利伯郎、山口裕之各氏に師事。東京室内歌劇オペラ『ル・グラン・マカーブル』、劇団ひまわりミュージカル「銀河鉄道の夜」、帝国劇場ミュージカル『エリザベート』などにオーケストラとして参加。また二見一幸氏率いるダンスカンパニー『カレイドスコープ』公演にソロチェリストとして音楽創りから関わる。都内、地方のオーケストラ客演、室内楽、ライブサポート、pops、録音などジャンルを問わずに活動の幅を広げている。ピアニスト、女優とユニット『ミュージックボックス』を組み、絵本
朗読にオリジナル生演奏をつけて子供達に届ける。トニカ音楽院つくば教室、ヤマハ上大岡ソナーレ、クロサワバイオリン渋谷、横浜各店で講師を努めるなど4歳の子供から〜80歳を超えるシニアまで40人を超える後進の指導にもあたる。
 
鈴木絵由子(すずきえゆこ) ヴァイオリン
3歳よりViolinを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。第13回アジアクラシック音楽コンサート金賞受賞。第6回日本アンサンブルコンクール室内楽部門優秀演奏者賞(最高位)受賞。第6回大阪国際音楽コンクールデュオ・アンサンブル部門第1位とグランドファイナルにてラヴェル賞受賞。「Schönberg浄夜 × Contemporary dance」でレインボウ21サントリーホールデビューコンサートに出演。フランスでのFugato Academy Festivalに参加。オーケストラで演奏する他、コンクールの審査や、Liveやレコーディングの場でも活動中。これまでに、羊毛とおはな、bonobos、Ngatari、ゲスの極み乙女、赤い靴、中塚武、園部信教、World standard、蓮沼執太、南壽あさ子、ゆうりなどのLiveやレコーディングに参加。バイオリンをSuray Soren Doyle、Paulo Bosisio、Ole Bohm、梅津南美子、佐藤一紀、Christophe Quatremerの各氏に、室内楽を東京クヮルテットの各氏に師事。
 
【曲目】
ドホナーニ・エルネー/弦楽三重奏曲ハ長調セレナーデ作品10  、ヨハン・ハルヴォルセン/ヘンデルの主題によるパッサカリア 他

※プログラムは予告なく変更される場合があります。

●料金:【一般】2500円(予約・前売)、2800円(当日)【学生】2000円(前売)  〈全席自由〉
●ご予約・お問い合わせ
岩崎ミュージアム
TEL.045-623-2111

8月27日(土) 長谷川奏&左近允茉莉子

ドレスデンで出会った二人による デュオリサイタル

 第1部:12時開演(11時半開場)・第2部:14時半開演(14時開場)


【出演】
長谷川奏(フルート)
神奈川県出身。10歳よりフルートを始める。東京藝術大学卒業。第10回大阪国際コンクール管楽器部門高校生の部アブニール賞。第63回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第16回日本フルートコンベンションコンクールピッコロ部門入選。
ドレスデナー・レシデンツオーケストラと協奏曲を共演。また、同オーケストラフルーティスト、およびシュタート・オペレッタドレスデン2015/16シーズン契約エキストラとして、ドイツでの演奏活動も積極的に行っている。
これまでにフルートを上野由恵、岡村孝二、竹澤栄祐、萩原貴子、エッカルト・ハウプトの各氏に師事。現在、ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学修士課程に在籍中。
 
左近允茉莉子(ピアノ)
東京都出身。都立芸術高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。2012年より日本声楽家協会コレペティトル専科に在籍(現在休学中)。
フランス、ドイツ、ハンガリー、トルコ等各地のマスタークラスにてバラーシュ・サコライ、マルセル・ボデー、コルネリス・ヴィトヘフト、ハルトムート、白井光子氏のレッスンを受講。受講生選抜演奏会に出演。2015年度Ad Infinitum Foundation奨学生。
これまでにピアノを鷹取淑子、高木早苗、竹内啓子、大西真由子、本村久子、グンバー・ナウクの各氏に、歌曲伴奏を森島英子、オラフ・ベア、ウルリケ・ズィーデルの各氏に師事。現在、ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学修士課程ピアノ科に在籍中。
 
【曲目】
第1部
タファネル/魔弾の射手によるファンタジー
ヴォルフ/少年と蜜蜂
J.S.バッハ/チェロ組曲 第4番
ラヴェル/優雅で感傷的なワルツ
フランク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 
第2部
タファネル/魔弾の射手によるファンタジー
フランセ/ディヴェルティメント
デニゾフ/ソロ
グラナドス/組曲『ゴイェスカス』より第5番「愛と死」
フランク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 
【料金】
1回券 一般2000円 学生1500円
2回演奏通し券 一般3000円 学生2500円
 
【お問合せ・ご予約】
duo.dresden@gmail.com (長谷川)

貸スペースによるイベント※お問合せ先は各主催団体になります。
当館主催または共催・協力イベント