岩崎学園とは 人材を育てる 働くに喜びを 社会との連携 子育てを支える 横浜を元気に

本学園の専門学生主体のイベント「岩崎学園7校合同アイデアソン」を開催いたしました。 (22.12.02)

 
9月23日(金)のダイジェスト映像

 9月23日(金)、10月1日(土)に、各専門分野を学ぶ本学園の専門学生が、専門知識や学生ならではの視点を生かし、グループでディスカッション・プレゼンテーションを行う「岩崎学園 7校合同アイデアソン*1」を開催いたしました。

 本イベントには、両日合計で約80名の学生が参加し、学校の枠を超えたグループに分かれ、日頃学んでいる、ITやファッション、デザイン、医療、保育などの専門分野の知識や視点を生かしてアイデアソンに取り組み、各グループのアイデアの中から、審査を経て最優秀賞を決定しました。

 9月23日(金)は「横浜実践看護専門学校のユニフォームを考えよう」のテーマのもと、本学園の専門学校のユニフォーム制作実績もある、ユニフォーム制作会社の株式会社エムズの樋口氏をゲストにお招きし、看護師のユニフォームのポイントや、生地についてレクチャーいただきました。
 10月1日(土)は「デフ(聴覚障害者)の生活を豊かにするアイデアを考えよう」のテーマのもと、聴覚障害をもつ子どもの親への情報提供・ことばの教育などの活動を行い、YouTubeチャンネルも運営する、株式会社デフサポの牧野氏をゲストにお招きしました。学生のアイデアに対して、ご自身の経験からのご意見も含めたアドバイスや講評をいただきました。
 また両日ともに、若手社会起業家への創業支援等を行う、認定NPO法人ETIC.の田中氏をお招きし、創業支援のプロの視点からもアドバイスをいただきました。発表されたアイデアについては、今後、実現化を目指します。

 なお、本イベントは、テーマ策定や企画、当日の運営に至るまで、有志の学生約25名が主体となり実施しました。 今後も本学園では、学生が楽しみながら主体的に活動できる場を創出し、発想力豊かな人材の育成に取り組んで参ります。

*1アイデアとマラソンの造語で、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じて、
 新たなアイデア創出やアクションプラン、 ビジネスモデルの構築を行うもの

 9月23日(金)実施概要
 ◆ 日    時: 2022 年 9月 23 日(金)10:30~17:00
 ◆ 会    場: 学校法人岩崎学園 横浜実践看護専門学校
 ◆ テ  ー  マ : 「横浜実践看護専門学校のユニフォームを考えよう」
 ◆ゲスト・ 講評:
株式会社 エムズ
認定 NPO 法人ETIC.
 
 ◆ 最 優 秀 賞 : グループ8
 
岩崎学園7校合同アイデアソン

発表されたデザイン

<ポイント>
・着物のように襟を織り込んだデザイン。ボタンやチャックが無いため、胸元の窮屈さを軽減。
・肩のポケットにリールクリップ、腹部のポケットに紐をつけ、看護学生や看護師の 必須アイテム
 (ペン、電卓等)の収納力がアップ。

岩崎学園7校合同アイデアソン 岩崎学園7校合同アイデアソン

当日の様子

 10月1日(土) 実施概要
 ◆ 日    時: 2022 年 10月 1 日(土)10:30~17:00
 ◆ 会    場: 学校法人岩崎学園 情報科学専門学校
 ◆ テ  ー  マ : 「デフ(聴覚障害者)の生活を豊かにするアイデアを考えよう」
 ◆ゲスト・ 講評:
株式会社デフサポ
認定 NPO 法人ETIC.
 
 ◆ 最 優 秀 賞 : グループ3
「スマートウォッチを活用した、聴覚障害者の日常生活の解決」
 
岩崎学園7校合同アイデアソン

発表時のスライド

<ポイント>
・インターホンが鳴った場合、スマートウォッチの振動機能で通知。
 また、ワンタッチのメッセージ機能で、親子やパートナー同士での意思疎通を円滑に。
・公共交通機関の遅延、運休等のアナウンスが聞こえないという課題の解決のため、
 スマートウォッチの位置情報を活用して通知し、状況に合わせた乗り換えや乗降をサポート。
・緊急時や災害時、スマートウォッチをタッチすることで「通報者が聴覚障害を持つ」という情報を含め、
 警察や消防へ通報可能。また、位置情報により、近くで起きている災害を振動やテキストで通知。





お知らせトップ