岩崎学園とは 人材を育てる 働くに喜びを 社会との連携 子育てを支える 横浜を元気に


情報科学専門学校、医療情報専門学校の学生が、「CEATEC JAPAN2017(シーテックジャパン2017)」に出展しました。(17.11.22)


 情報科学専門学校、医療情報専門学校は、2017年10月3日(火)~6日(金)、幕張メッセにて開催された「CEATEC JAPAN2017(シーテックジャパン2017)」に専門学校として唯一出展しました。
 当日は、情報科学専門学校の学生6チームと横浜医療情報専門学校の学生2チーム、計8チームが出展し、日頃の学びの成果と研究・開発作品を発表しました。

 情報科学専門学校は、「企業連携による、小学生向けドローンプログラミング講座についての取り組み」や「不動産業界の課題である、物件写真作成の負担軽減を解決する研究」など、産官学連携や、学生の独自の着眼点で社会の課題解決の手助けとなるような取り組みの成果を発表しました。
 横浜医療情報専門学校は、入浴者と端末の音声交換や緊急時の外部への連絡機能を実装し、高齢者の浴室内での事故を防止する「在宅介護支援システム」や、数日分の室内の温湿度が可視化された「長期記録型の家庭用温湿度計」を発表しました。
 これらの作品は、アプリケーションソフトの開発やアイデアを競う学内コンテスト「ISCプログラミングコンテスト」において、昨年度、本年度のグランプリを獲得した作品で、5月のコンテスト後、品質向上のテストを繰り返し、ユーザーを想定したシステムの改善・改良を行うことで、より高度なIoTツールに仕上がっています。

 開催期間中4日間で、同校の展示ブースには約120名の方が訪れ、学生は積極的に研究・開発内容の説明を行いました。企業の方からは、数多くのアドバイスや、改善のヒントなどのフィードバックを頂きました。このような経験は、コミュニケーション、プレゼンテーション能力を磨くことに繋がる貴重な機会となります。 また、他大学や企業のブースなどを見学し、今後の研究・開発の糧となるベンチマークに取り組むことで、学びを深めました。

 同展示会は、来場者数14万人、国内外からの企業600社以上が出展するアジア最大級規模の「最先端IT・エレクトロニクス総合展」として開催され、昨年度からは、あらゆる産業において、従来の産業構造とビジネスモデルの変化により、2020年の未来を見据えた発信の場として「CPS/IoT総合展」と位置づけられ、最先端の技術や製品を発表する場となっています。

 同校では引き続き、ITの現場や医療現場のIT化に対応し活躍するスペシャリストの育成を目的として、積極的な産官学連携のプロジェクトへの取り組みや校外での発表の機会を設け、学生の力を伸長し、学びを深化させる取り組みを行って参ります。


医療情報ブースの様子

医療情報ミニステージの様子

両校ブースの様子

情報科学ブースの様子


【実施概要】
 ◆催事名称: CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン 2017)
(Combined Exhibition of Advanced Technologies)
 ◆実施日時: 2017年10月3日(火)~6日(金)10:00~17:00
 ◆会  場: 幕張メッセ
 ◆主  催: 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 ◆参  加: 学校法人岩崎学園 情報科学専門学校、医療情報専門学校

【出展内容 概要】
 ◆ブース出展・ミニステージ
 ◆情報科学専門学校
 ①10月3日(火)数学ゼミ出展
  ・中学数学学習支援システムの開発/3D不可能図形作成ソフトウェア開発
 ②10月4日(水)アプリ開発ゼミ出展
  ・横浜市の新市庁舎をVRで体験できるアプリケーションソフトの展示
 ③10月5日(木)
  ・システム開発ゼミ出展
   横浜市港北区の子育て支援NPO法人と連携し、育児世代向けのイベント通知システムの開発の
   取り組みについて、プロジェクト概要の展示とスマホアプリのモックアップの展示
  ・小学生向けドローンプログラミング講座
   ソフトバンク コマース&サービス株式会社と連携し、小学生を対象したドローンプログラミング講座の
   取り組みについての展示
 ④10月6日(金)AIゼミ/IoTゼミ出展
  ・AIゼミ : 不動産賃貸の企業と産学連携し、物件画像の認識、物件紹介文の自動生成の研究を展示
  ・IoTゼミ: IoT教育の取組み(センサー・クラウドコンピューティング・データ分析)と
学生作品(Bluetoothで繋がるLEDが光る靴(Orphe)を活用した作品、デジタルコンテンツと
実操作が楽しいガチャガチャの融合作品「リアルガチャ」、ノベルゲームと連動する
IoT貯金箱「貢箱」)の展示
 ◆横浜医療情報専門学校
 ①10月3日(火)~4日(水)出展 「助けてアヒルちゃん!~お風呂に出動~」
  ・小型コンピュータ(RasberryPi)とクラウドサービスを使用した、入浴者と端末の音声交換と
   緊急時の外部への連絡機能を実装した、高齢者の浴室内での事故を防止する、在宅介護支援システムの展示
 ②10月5日(木)~6日(金)出展 「長期記録型家庭用温湿度計」
  ・設置場所の温湿度を日別・時間別に記録し、変化が見られるシステムの展示

お知らせトップ